目・耳の等級認定実績(異議申立)

目や耳、又は脳に直接損傷があれば認定OK、しかし、無い場合の立証は?

初回申請に同じく、目や耳、あるいは脳への直接損傷があったケースの立証は容易です。しかし、以下の実例にあるように、直接の損傷や顔面骨折、脳損傷が無いにも関わらず、おざなりな申請で非該当となってしまいました。

そこから私達が介入、改めて丁寧に検査を実施した結果、逆転認定に漕ぎ着けました。それは、自賠責が以下3つから障害を推認してくれたからです。
 
1、受傷直後からの訴え

2、直ちに専門科への受診

3、早期の検査     
 
逆に障害を否定された被害者さんは、症状の発生、もしくは訴えが事故受傷からしばらく経ってからで、眼科・耳鼻科への受診が遅く、又は、検査数値が好調不調から?上下動します。つまり、原因が事故外傷から離れてしまうのです。

また、認定を得る為に、該当する検査をしっかり実施することも肝要です。医師は原則、治療の為の検査しかしません。保険の異議申立の為の検査協力など、普通はありません。私達も検査の依頼に毎度苦労しています。

 c_byo_h_36
 

後遺障害等級認定実績(初回申請)はコチラから
後遺障害等級認定実績(異議申立)はコチラから
交通事故無料相談受付中!  

お問い合せはお気軽に!

事務所メンバー

「交通事故被害者救済」がスローガン! 病院同行に日夜奔走しています。解決まで二人三脚、一緒に頑張りましょう。

代表者略歴を見る!

後遺障害等級認定実績(初回申請) 後遺障害等級認定実績(異議申立)

今月の業務日誌

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ