灰谷先生、大事無かったようですね。自殺未遂とまではいかないまでも、相当、精神的にまいっているようでしたけど。
 
 冒頭、クラビクルバンドを装着して登場しました。 「それ、内側に着けるの!」と言われたシーンです。

 
アマゾンでも、3000円位で買えます。

 クラビクルバンドとは・・・鎖骨骨折後、骨癒合まで胸を張るように姿勢を保持する必要があります。そのため、変形や転位を防ぐ(ほっておくと鎖骨の多くは上に出っ張る)ための固定具です。

 灰谷先生は鎖骨骨折で済んだのですね。すぐに仕事していた様子から、亀裂骨折(ひびが入った)程度かもしれません。軽傷でよかった・・雰囲気です。鎖骨骨折はちゃんとくっつきさえすれば、深刻な障害を残さないからでしょうか。手術の選択は、粉砕骨折などで保存療法では正常な癒合が望めないケースです。もしくは、癒合に長期間が見込まれるケースです。肩鎖靱帯・鳥口肩鎖靱帯の断裂を伴えば、折れた鎖骨が上に飛び上がったままになりますので、プレートやワイヤーでの固定術は必至となります。仮に、わずかな変形や転位が残っても、あえて手術で整復しません。鎖骨は肩関節の安定的な可動を助ける役目ですが、ある意味、鎖骨下の上腕神経などの内部組織を守ってくれるバンパーに思えます。

 鎖骨骨折は交通事故外傷でも、打撲捻挫を除く骨折の中でも最多数の傷病名ではないでしょうか。弊所でもおよそ計算されるすべての等級認定の経験があります。再三ですが、少し復習しましょう。
 

 左のレントゲンは鎖骨の骨幹部が折れて偽関節(結局、くっつかなかった)となったもの。右のレントゲンは肩鎖関節が脱臼したもの

 sakotsu001_20130629132258 adaaa71a341f68924d16094259e08ed2

 障害の立証ですが、鎖骨の癒合が完了する頃、レントゲンやCTで癒合状態に変形(曲がったり、太く盛り上がった)や転位(ずれてくっついた)があれば、変形として認められます。さらに、肩の関節に近く、肩の動きに影響を残せば、可動域制限が残ります。 また、癒合が良好でも、痛みが残っていれば最低の14級9号も視野に入れます。

 鎖骨骨折、肩鎖関節脱臼の診断名から、下表の通り整理できます。表のすべてに認定経験がありますので、画像と診断書をご持参して相談会に参加されたら、認定等級をほぼ予断できます。

等級

症状・条件

画像所見

外見

14級9号 疼痛の残存
症状の一貫性、信用性が決め手

×

×

12級13号 器質的な変化が残った疼痛
可動域制限がない、もしくは認定基準以下

×

12級5号 偽関節、外見でわかる変形 もしくはピアノキーサイン(鎖骨の出張り)

12級6号 肩関節 4分の3以下の可動域制限
癒合状態に異常、変形、転位あり

×

併合11級 肩関節 4分の3以下の可動域制限+偽関節、外見でわかる変形、ピアノキーサインのいずれか

10級10号 肩関節 2分の1以下の可動域制限
癒合状態に相当の異常、変形、転位あり 又は 肩部の骨折、周辺靭帯等の複合的な損傷

×

併合9級 肩関節 2分の1以下の可動域制限
癒合状態に相当の異常、変形、転位あり 又は 肩部の骨折、周辺靭帯等の複合的な損傷 + 偽関節、外見でわかる変形、ピアノキーサイン

 ○:必須条件 ×:条件とならない
 

交通事故無料相談受付中!