骨折案件の引継ぎです。本件は受傷直後から弁護士事務所に相談が入ったのち、紹介を受け担当してきました。ほぼ一年間お預かりし、14級9号を認定を付けてお返ししました。後遺障害が認められたということは、当然ですが痛みや違和感等が残存し、完全に治ったわけではありません。後は弁護士の交渉で金銭解決するしかありません。解決までもう一息です。
 

 短い日誌ながら本件からの教訓を、
 

 骨折など器質的損傷があったケガでは、仮に骨の癒合が果たされ、予後も順調であっても、高い確率で不具合が残るものです。

 
 諦めずに丁寧に立証すれば後遺障害14級9号が認定されます。

かつて骨折しているのに等級が取れなかったことはたったの1件しかありません。
 

 骨が折れたら必ずご相談下さい
 
 20140507

 

交通事故無料相談受付中!