昨日は審査会の概要、歴史について勉強しました。それでは、実際の利用数について、同じく「2016年度 自賠責保険の概況 (損害保険料算出機構 出版)」から確認してみましょう。

 図9、審査会での後遺障害判定が注目です。自賠責の後遺障害のおよそ65%は、むち打ち14級9号ですから、審査会は一部の重傷者や異議申立のための機関と言えます。
 

自賠責保険(共済)審査会」で審査を行った件数

   図8 有無責等の専門部会<2015年度>         (単位:件)

死傷別
審 査 結 果

審査件数
減額なし
重大な過失
による減額
無 責
再調査
その他
死亡
92
(74)
264
(274)
358
(374)
 

68
(98)

 

562
(569)

 

2,682
(2,759)

傷害
205
(155)
545
(571)
588
(654)
合計
297
(229)
809
(845)
946(1,028)

  ※1 ( )内は2014年度の件数です。

   ※2 「その他」は、対象可否・因果関係・時効等が問題となった件数です。

 

図9 後遺障害の専門部会<2015年度>         (単位:件)

 

地区本部
審査件数
本部審査件数
審査件数
高次脳機能障害
4,332
(4,190)
721
(718)
5,053
(4,908)

非器質性精神障害
540
(499)
618
(618)
1,158
(1,117)
高次脳機能障害
非器質性精神障害
を除く後遺障害

5,515
(1,918)

7,837
(10,275)

13,352
(12,193)

 

※1 ( )内は2014年度の件数です。

※2 地区本部・本部での審査件数の変動は、審査会の体制を見直したことによります。

 
c_s_j_11
 

交通事故無料相談受付中!