本日は病院同行もなく、終日事務所でした。おかげで事務仕事がはかどりました。体調も1日で復調しましたが、寄る年波を感じます。

 年間200件以上の病院同行はそう何年も続くものではありません。春からの新人採用を急がねばなりません。一方、気になったので私の労働時間と世間の相場を比べてみました。

 この3年間の勤務表を見ると・・休日は月平均4日、加えて盆暮れGWの連休を除くと年間308日勤務です。労働時間は1日平均12時間です。合計すると年間3696時間、月当り308時間です。すると残業時間だけで、月平均102時間、これを3年以上続けているわけです。軽く過労死ラインを突破、こんな生活を続けていてはダメですね・・
 
(過労死ラインについて)
 過労死ラインとは、日本において、健康障害リスクが高まるとする時間外労働時間を指す言葉で、月80時間。1か月の労働日を20日とすると、1日4時間の時間外労働が続く状態をいう。

 『脳血管疾患及び虚血性心疾患等(負傷に起因するものを除く。)の認定基準について』(平成13年12月12日付け基発第1063号厚生労働省労働基準局長通達)による。同通達は「発症前1か月間におおむね100時間又は発症前2か月間ないし6か月間にわたって、1か月当たりおおむね80時間を超える時間外労働が認められる場合は、業務と発症との関連性が強いと評価できる」とした。

 
 従業員・労働者に対しては基準はもちろん、雇用者は責任をもって彼らの健康を守らねばなりません。企業は残業時間を減らす努力が必要です。しかし、現実は難しい問題で、中小企業の多くは残業の規定などまったく守っていません。ある外食チェーンでは超過勤務を回避させるために労働者を管理職(店長)にするそうです。私の身分は店長のようなもので、規定もガイドラインもないのです。これが個人事業主、社長と呼ばれる立場の宿命でしょう。

 
 最近は毎年風邪をひきます。年に1回は体調を損なうようになりました。小学校から高校卒業まで12年間皆勤の健康体はもはや過去のもの・・事務所の若手にはバリバリ頑張ってもらいたいところです。でも、補助者には週休2日と8時間労働、法定残業時間を厳守していますので心配ないですよ。引き続き、交通事故被害者救済の志を持った方をお待ちしています。
c_h_36

交通事故無料相談受付中!