初めまして。この度、秋葉行政書士事務所にお世話になることになった新入社員で金澤と申します。

 前職では柔道整復師として働いていて、大手整骨院グループで勤務した後、関西のグループ整骨院で院長を務めました。この経験を活かしてメディカルコーディネーターとして多くの被害者様のお力になるよう精進いたします。

←こんな感じ

 今回はその経験を基に腰痛のお話をしていきたいと思います。
 
 今や日本人の約80%が一生に一度は腰痛を経験するというデータが出ています。 又、厚生労働省によると日本人の4人に1人が今も腰痛を抱えているとのデータが発表されています。

 では、一体腰痛はなぜ起こるのか? 実は腰痛の8割以上は原因不明と言われています。ですが原因が不明のまま治療するわけにはいきません。それではただのマッサージ屋さんになります。解剖学・運動学・整形外科学等様々な観点と経験から何通りもの仮説を立てる。 その中から経験をもとに、より有力な仮説から治療していきます。何通りの仮説を立てれるかは知識量で決まります。 有力な仮説と治療を組み合わせらるには知識は勿論、経験とセンスが大切になってきます。

 さて、前置きが長くなりましたが今回は腰痛の主な原因と治療について少しお話しをします。
 
 腰痛の主な分類としては・・

・筋肉に原因がある(筋挫傷などと言い筋肉そのものに傷がついた状態)

・関節に原因がある(腰椎と言う骨と骨の間が狭くなったり、関節炎等があります)

・軟骨に原因がある(主にヘルニアが代表例でしょうか)

・骨に原因がある (すべり症・分離症・圧迫骨折後の変形によるもの等が多いです。)

 これから、3~4シーズンに分け、主な腰痛の原因と治療、予防などを解説していきます。良ければ是非ご覧ください。
 

交通事故無料相談受付中!