土曜日の大宮相談会後、そのまま新幹線で長野入りする予定でした。しかし早めに終了しましたので、一旦東京に戻り、急ぎの仕事を片付けて夜長野入り、高崎相談会終了後の弁護士チームと合流です。新幹線の往復が続きます。
 

 さて今回は高次脳機能障害の相談が4件です。そのうち2件は昨年から相談を受けている方でしたが、再度ご家族の同伴を促し、ご家族で来ていただきました。しかしご本人の回復も良好で、家族へ「高次脳機能障害」のチェック質問をしましたが、なんの障害も見出せません。意識障害や脳に器質的損傷があるのですが、障害を残さないケースもあります。しかし仕事柄、高次脳機能障害を見逃すことは絶対にできません。しつこく綿密に質問が続きます。障害がなかった方が良いのは言うまでもないのですが・・・。

 それでも明らかな障害を残す方が2名(2家族)。これから解決までやるべきこと、問題が山積しています。一緒に一つ一つ進めていくことになります。高次脳機能障害の場合、ご本人一人で解決することは絶対に無理です。立証は家族が主体となります。しかし私たちのようなメディカルコーディネーター、そして弁護士が助力しなければ困難極まると思います。

 今年に入って高次脳機能障害の受任は4件に及びます。まだまだ全国に助けを必要としている被害者さんがいるに違いありません。頑張らねば!

c_n_8

 高次脳機能障害のチェックリストは明日から再開、残り2つの論点で終了です。

交通事故無料相談受付中!