最終回にして、この傷病名がでてくるとは・・・
 
 最終話で、うつ病で現場を退いた院長先生(ヒロイン甘春先生の父)が久々に病院にやってきました。元気がないのは当然ですが、めまいで倒れました(正確には起立性頭痛かな)。その症状を診て、主人公の五十嵐放射線技師(実は医師免許を持つ)は、アメリカで類似の患者を診た経験から、「低髄液圧症候群」を疑います。簡単に説明しますと、外傷性のショックなどで後頭部の硬膜から脳脊髄液が漏れ出して、様々な症状が起きる症例と説明されています。ドラマ同様、うつ病と誤診されやすいようです。ただし、実際にそんな症状が起きるのか懐疑的な医師も多いようです。

 その後、MRI、脳シンチ検査を実施して確定診断となります。そこまでは良かったのですが、急遽、手術となり、なんと執刀を買って出たのは娘の甘春先生です。術式はブラッドパッチ(※)、甘春先生は放射線科医です。普通、放射線科医は手術をしません。まして、やったこともないブラッドパッチを行うなどありえません。さらに、あろうことか、助手に付いた五十嵐技師が手術を行いました。それが医師法違反と大騒ぎになる展開です。まぁドラマなので突っ込みを入れても詮無きことですが・・。
 
※ ブラッドパッチ療法=硬膜外自家血注入療法。・・・脊椎の硬膜外腔に患者さんの血液を注入して、硬膜外腔組織の癒着・器質化(要するに血が固まる)によって穴をふさぐ療法です。これで、脳脊髄液の漏出を止めるのです。血液は20~30cc採血し、造影剤を加えてレントゲン透視下で硬膜外に注入します。都内では山王病院が有名ですが、実施できる病院は増えて、全国的に伝搬した感があります。
 
 注目は、何と言っても最後の傷病名「低髄液圧症候群」です。ラスボスはこれか・・。数年前、この傷病名は「脳脊髄液減少症(CSFH)」でした。交通事故の相談会にやってくる被害者さんの10人に1人が、この傷病名を名乗ったものです。それが、ここ数年ピタッといなくなりました。不思議です。傷病名にも流行りすたりがあるのでしょうか。

 むち打ち、頚椎捻挫から、頚部に神経症状が発症した場合、単なる捻挫では済まず、治療が長引きます。症状として、頚部痛や肩~手指にかけてのしびれ以外に、頭痛、めまい、ふらつき、耳鳴り、不眠、疲労感、睡眠障害、生理不順、なんだか調子が悪い・・状態が続きます。これらを総称して「不定愁訴」と言います。不定愁訴が続くと、患者さんは長引く症状に、自身の症状は何か別の傷病なのでは?と不安に陥ります。そこに登場するのが、「脳脊髄液減少症」です。
 

脳髄液の漏れ? かつて、お話を聞いた脊椎の専門医や脳神経外科医は懐疑的でした

 
 しかしながら、まだ完全に解明しきれていない謎の症例でもあります。現状、以下の通り診断基準が固まっています。それなりに珍しい症例であるはずです。数十名の「脳脊髄液減少症」とされた被害者さんを見てきましたが、1人もこの基準を満たす人がいませんでした。ですから、「脳脊髄液減少症の疑い」が正しい診断になります。それでも、一部の病院が、疑いだけで診断書を乱発したと思っています。
 
詳しくは ⇒ 脳脊髄液減少症(CSFH) の診断基準
 
 この傷病名は、健保適用と自由診療扱いを繰り替し、その度に名前も変えてきました。どうも、一部の団体の利益、はたまた政治の匂いがするのです。それが、交通事故被害者の賠償意識とぴったり寄り添うのです。実際、先の基準を満たさない患者さんでも、ブラッドパッチを施行した方が多いようです。それで、「良くなったの?」と聞くと、その時は良くなったような感じをもつようですが、決まって「今もしんどいので、後遺症(後遺障害)を申請したいです」と相談に来るのです。

 素人診断は厳に慎みますが、「能脊髄液減少症」を名乗る患者の多くは頚部神経症状(TCS)の類で、頚部交感神経の暴走によるバレリュー症候群が近いように思います。中高年の場合、更年期障害と重なったとしか思えない方もおりました。なんでもかんでも不定愁訴をこの傷病名にあてはめていないか?疑念を持つようになりました。幸いなことは、ここ数年はすっかり居なくなったことです。途中からMTBI(これまた、完全に解明されていない脳障害)に転向した患者さんもおりました。また、新しい傷病名が出来ると、そっちに飛びつくと思います。繰り返しますが、傷病名に流行りすたりがあるなんて、おかしな現象ですよね。
 
 旧作はこれまで。これから、新番組「ラジエーションハウスⅡ」を観ます。  つづく