例えば頚椎捻挫、腰椎捻挫の場合では、3~6ヶ月で症状固定となります。

症状固定とは、これ以上治療をしていても大幅な回復が見られず、一進一退を繰りかえす為、

事故で被った傷害害部分と、後遺症部分の線引きをする日の事を、症状固定日と言います。

 

 

秋葉事務所では14級に認定される可能性のある受傷起点・症状の強さの被害者には基本的に、6ヶ月以上を整骨院ではなく整形外科での通院をしてもらってます。

そして6ヶ月経ったときに”症状固定”をします。

症状固定と同時に後遺症診断書を作成してもらった後は、念の為整形外科でも定期的に経過を見てもらっていた方が安心ではあるが、基本的には整形外科ではなくて整骨院・鍼等でも大丈夫です。

 


 

 

酷いムチウチの場合だと、なかなか6ヶ月で症状が治まらない場合もあります。

1年、2年経っても改善しない、と言う患者を今まで何人も診てきました。

 

話を聞くと、1年間ずっと同じ整骨院に通院するも改善しない。

週3回2年間通院するも改善しない。

 

 

と言う方が多いです。

ムチウチで長引く患者の多くは、精神的にも相当ダメージがあるように感じます。

同じ整骨院に通い続けたくなる心理も良く分かりますが。

 

同じ整骨院に1ヶ月通って、全く変化が見られないなら即変えるべきです。

 

治療と言うのは、本当に山ほどあります。何千通りの治療法がある中で、1人の施術者が持っている引き出しの数がある。

 

 

例えば1ヶ月週2回で通院すると合計8回は施術を行う事ができる。

 

 

その8回の中で効果を出せないなら、その整骨院にその先通院しても無駄なのです。

大体、その患者の症状・状態をみて一番自信のある治療から始めるものです。

8回目に到達するころには、もう、イチかバチか、施術者も良く分かっていないのです。

 

私が柔整師として働いていた時も、担当した患者全員を改善させることは不可能でした。

自分は1月も引っ張らず、3~5回程で無理だと判断したら、セカンドオピニオンをお願いしました。

 

それは、一部では無責任だと言われました。

 

ですが、自分は治せるか分からない状態ならば、患者の為にセカンドオピニオンをお願いする。

責任をもって今までの治療経過を申し伝えるこそが大切と思っています。

もちろん、聞いたり、調べたり。出来る限りの事は全力でした後の話ですが。それがマナーだと思っています。

 

 

沢山の整骨院・治療法がある中で同じ整骨院にずっと通うのはもったいない。

 

必ず自分にあった治療院が見つかります。

 

少しでも早く身体がよくなりますように!!!!
 

交通事故無料相談受付中!