後遺障害が認定されました。自賠責保険、任意保険から保険金を受け取ってまずは一安心です。しかし私たちの仕事はそれで終わりではありません。被害者の加入している他の傷害保険、生命保険、共済等の支払いが可能か否かをチェックします。特に県民共済などは加入していることさえ忘れてしまいがちで注意が必要です。

 この県民共済は共済の中でも特殊で、掛け金は毎月2000円を基本とし、子供にはこどもプラン、お年寄りには高齢者プランとリスク分散しています。また県ごとの共済組合ですので、その県の損害率から補償金額を増減することで調整を図っています。。そして掛け金が予定支払保険金を超えれば、余剰金として「割戻し」といって翌年度返金されます。およそ毎年平均30%が戻ってくるようです。

 まずは月額2000円の総合保障プランを見てみましょう。

保障内容 (掛金2000円のプラン)

保障期間

18歳~60

入院

事故

1日~184日限度

1日当たり5,000

病気

1日~124日限度

1日当たり4,300

通院

事故

14日以上~
    90日限度

実通院当初から1日当たり1,500

後遺
障害

交通事故

1級640万円1325.6万円

不慮の事故

1級340万円1313.6万円

死亡

または

重度
障害

交通事故

1,000万円

不慮の事故

700万円

病気

360万円

 明日は後遺障害についてを。

交通事故無料相談受付中!