弁護士事務所に相手にされない人身事故の代表例
 
1、等級認定の見通しが厳しい(つまり、報酬が少ない)
 
2、異議申立てを弁護士に断られた(異議申し立ては不確実で面倒)
 
3、珍しい傷病名、症状(何だかわからない)
 
4、受傷機転に比べて、疑問のある傷病名、訴える症状が重篤(つまり大げさ)
 
5、人間的に面倒な人、偏屈、理屈っぽい、連絡が取りづらい、損得勘定にすぎる(今後の信頼関係に不安)
 
6、賠償志向が強く、相手保険会社とケンカの末、弁護士を入れられた(これも面倒な人)
 
7、心の病となっている人(弁護士は精神科医ではない)
 
8、詐病、詐欺が疑われる人(しれっと、被害者を装ってきます)
  

 このようなケースは、弁護士も受任に慎重になります。方々で相手にされず、断り続けられ・・すると、次に、今や絶滅危惧種となった交通事故・行政書士へ頼ることになります。もっとも、行政書士も弁護士に同じく、上記の依頼は受けづらく、やや無理をすることになります。他事務所では、無理筋な異議申し立てを細々と受任しているようです。良くて等級認定5割の勝率での受任ですから・・残念ながら利益は少なくなります。結果、数少ない案件で食って行く為、違法ですが楽に儲かる賠償に手を染める悪循環、これが交通事故・行政書士が自滅した理由ではないでしょうか。
 
 話を戻します。詐病・詐欺の依頼は当然に謝絶、心の病の方も私達の仕事の外(心療内科へ)です。しかし、これら見通しの乏しい案件であっても、誰かが引き受けなければなりません。引き受けてくれた場合、手を焼いていた相手保険会社さんも大歓迎のようです。

 秋葉事務所では、相談数減少のコロナ下でも、相変わらずこれら難事案の相談が入ります。恐らく他の事務所では受けないであろう、最後の砦と化すことになります。ご依頼者の人間性が信用に値し、損害の信憑性があれば、受任しなければなりません。もちろん、それでもダメなものはダメと、入り口で厳しく精査をします。そして一定数は、賭けとも言える受任、敗戦処理のような受任を担うことがあります。それは、事務所の立場と存在意義から、社会的役割と腹をくくっています。

 経営効率を優先して、面倒な案件を一切謝絶することは簡単です。しかし、難事案から高収入に発展した件も少なくありません。今まで断ってきた事務所は、「利益を見込めない」と思ったのでしょうが、実は十分な利益を計算できる案件も存在します。最近は、「難しいご依頼だが、その可能性・利益性に気づいたのは秋葉だけ」と、モチベーションに転嫁しています。
 
 そのような見通しこそ、”経験則”の成せる業です。事務所の知見、あるいは実力と思っています。
 
 
健康診断を機に、生活習慣の改善、ダイエット中でもあります
 

交通事故無料相談受付中!