ワクチン接種が進む中、その副作用として連日取り上げられていますアナフィラキシーショック、医療従事者とって常識的な言葉ですが、私達も抑えておきましょう。
 
 
 アナフィラキシーショックとは <メディカルノートさまより引用>
 
1,概要

 アナフィラキシーショックとは、何かしらのアレルゲンなどに対して全身性のアレルギー反応が引き起こされ、血圧の低下や意識状態の悪化が出現した状態を指します。アナフィラキシーショックが生じた際には、迅速な治療が必要です。また、一度アナフィラキシーショックを起こしたことがある方は、再度同じ原因物質に曝露されることで同じように非常に重い症状を起こします。 
 

2,原因

 アナフィラキシーショックは、ハチの毒や、ある種の薬剤、食物など、アレルギーを起こす物質に体が曝露されることで発症します。アレルギー反応を起こす可能性がある代表的な物質として、下記があげられます。

 かつて損保時代、蜂に刺されて救急搬送されたお客様がおりました。これがまさにアナフィラキシ-で、蜂の毒成分はアレルギー成分のアミン系(ヒスタミンなど)、いわば神経毒です。日本での害獣・害虫によるケガ・死亡の第一位は、毎年、熊でも鮫でもなくスズメバチなのです。ちなみに、蜂害による入通院・死亡は傷害保険の対象です。
 
3,薬剤

  ・抗菌薬  ・解熱鎮痛薬  ・麻酔薬  ・造影剤  ・血液製剤 など
 
 交通事故外傷では、やはり外科的処置において麻酔薬が関わります。また、頚部神経症状の緩和に神経ブロック注射が用いられますが、この注射の成分は、キシロカイン、カルボカインですから、処置前にアレルギーの既往を聞かれます。キシロカインショックの症状も同じで、アナフィラキシーショックの典型例です。

 

4,アレルギー食物

  鶏卵 牛乳 小麦 ピーナッツ そば 甲殻類 ナッツ ゴマ など
 
 以上が代表的な食材です。しかし、人によって様々で、以前の同僚では、キノコ類、お魚類の例がありました。
 
 
5,症状

 アナフィラキシーショックを起こすと、全身各所にさまざまな症状が現れます。全身にじんましんが生じたり、咳や喘鳴ぜんめいが生じたりします。喉頭粘膜が腫れ空気の通りが悪くなることから、呼吸困難による窒息が生じることもあります。消化器症状として、吐き気や嘔吐、下痢、腹痛が生じることもあります。さらに、全身の血圧や意識状態も低下し、短時間のうちに死に至ることもあります。

 原因となる物質に曝露されてからアナフィラキシーショックに至るまでの時間は、原因物質によって異なります。注射薬やハチ毒によるアナフィラキシーショックの経過は特に早い傾向があり、原因薬剤を注射されたり蜂に刺されたりしてから数分の経過で心停止に至ることもあります。
 

 予防接種後、30~40分様子をみるのは、このためです。いずれ、接種の機会が来ると思いますが、忙しい中、この30分は覚悟ですね。

 

6,治療

 アナフィラキシーショックが生じた際には、迅速な治療が必要です。アドレナリンの筋肉注射や酸素投与、適切な輸液が行われます。症状によっては気管支吸入薬、ヒスタミンH1受容体拮抗薬(抗ヒスタミン薬)や副腎皮質ステロイド薬などの投与を行います。前述のように、アナフィラキシーショックの診断が難しい場合もあるため、少しでも疑いがある場合には、治療を開始することが必要です。

 一度アナフィラキシーショックを起こした方は、再度、同じ原因物質に曝露されることで同じような非常に重い症状を起こします。そのため、不測の事態に備えて、あらかじめアドレナリン自己注射薬(エピペン)が必要です。この注射薬を常備することで、症状が現れた際に緊急対応が可能となり、アナフィラキシーを回避できます。

 アナフィラキシーが生じる場所は、家庭や学校、職場などであることも想定されます。そのため、原因物質を避けるような対応策や、実際にアナフィラキシーショックが生じた際の注射薬の使用方法を含めた緊急時の対処法などを、学校や職場などと相談しておくことも重要です。
  
 歯医者さんで、抜歯の際の麻酔注射の多くはキシロカインです。事前にアレルギーの有無を質問されますね。対処薬のエピペンは、歯科医院において滅多に、あるいはほぼ一度も使う機会がないものですが、常備しているようです。


 

 男女12人に重いアレルギー反応 新型コロナワクチン接種後
 
 厚生労働省は11日、新型コロナウイルスのワクチンを接種した20~50代の男女12人が、重いアレルギー反応であるアナフィラキシーを発症したと発表した。いずれも投薬などで症状は回復したり快方に向かったりしている。

 国内では11日までに、約18万人の医療従事者がワクチンを接種。アナフィラキシーを発症したのは計37人となった。厚労省は12日に開催する会合で症例を検討するとしている。厚労省によると、内訳は男性1人、女性11人。米ファイザー製のワクチンを8~10日に接種し、接種から40分以内にせきやじんましん、嘔吐などの症状があった。 <共同通信さまより>
 
 各国のコロナワクチン接種は始まったばかりですが、すでに欧米人に比べ、日本人あるいは広く黄色人種に、この症状が多い傾向が発表されています。原因ですが、まだエビデンス(医学的な根拠)がないとのこと、つまり、原因不明。だからと言って、アナフィラキシーは極めて小数例、既往者でない限り、多くの医師は気にせずワクチン接種をするよう勧めているようです。
 

交通事故無料相談受付中!