いずれも、病院同行が勝負を決めました。
 
 残念ながら、医療の専門家である医師とは言え、自賠責保険の後遺障害についての造詣は深くありません。まじめな先生ほど、「後遺障害診断書はどう書いたらいいの?」と悩んでいます。そこは、医師面談が手っ取り早いのです。ある意味、病院同行とは、あらゆる医師のタイプに合わせて診断書を共に作成する作業と言えます。
 
本日、「鬼滅の刃」DVD発売です!
 
14級9号:頚椎捻挫(50代男性・静岡県) 
 
非該当⇒併合14級:頚椎・腰椎捻挫(40代男性・神奈川県)
 
 

交通事故無料相談受付中!