金澤です。

 

今日は難しい話やから離れ岩手のお土産の話をしていきます。

秋葉が先週の土曜~今週の月にかけて岩手滞在しておりました。

 

秋葉岩手出張の回

 

毎回、秋葉の出張帰りはお土産にありつけます。

間違いなく外れはありません。期待が膨らむばかりです。

 

その日はお土産を貰うため、腰を低く出勤します。

私のデスクに、なにやらお土産らしき箱があります。

 

 

家に持ち帰り、帰宅後手を洗い。炊飯器を可動。

1回で全部食べるのはもったいないので、コメが炊き上がるまではビールで2~3口つまみながら、待つ事に。

全部食べてしまわないよう、別の容器に移し替え、保存して置くことに。

 

 

ちなみにこのしぐれ煮の入っていた容器もすぐに捨てず

貧乏性と怒られる心配のない独り身の僕は、この容器に出汁湯を入れ、茶漬けにして〆る計画を立てる。

 

 

そう。世の中計画が大切。

私の計画はこうだ。

まずは一袋を2回分に分け、正確には7分の4と7分の3グループに分ける。

今回は7分の4を2~3口ビールで嗜みながら、残りを炊き立ての白米に乗せる。

白米のラスト3分の1になったところで、出汁茶をアルミのパックに入れ、中に染み付いた肉汁を十分になじませ、白米にかけて食べる。

 

計画は完璧そのものだった。

したり顔になりながら早速2~3口つまみながら早速ビールを召喚することに。

キンキンに冷やしたグラスに、アサヒスーパードライの期間限定

 

 

早速ビールを喉に流し込み。頂きますの代わりに一言

「ク~~~~」

約束の3分の1口目を口の中へ。

 

 

美味い・・・

肉の主張の傍らほのかに香る、ゴボウの旨み。

こりゃぁ・・・うますぎるぜぇ…

 

ビールを飲みほし、約束の2~3口もあっという間に終わる。

肉とゴボウのデュエットの記憶が脳裏によみがえる。

もう一口食べたい・・・後ろ髪をひかれながら、箸を伸ばすところで気付く。

 

冷蔵庫の中にアイツが居た。

 

 

上善如水…

癖もなければ特徴もない。ただグイグイ行けちゃう飲みやすさ。まるで水のよう…

水のごとし・・・

 

結局こいつを飲んでいる間にしぐれ煮の7分の4を空にしてしまい、炊飯器がたける音と共に虚無感に襲われる。

 

涙をこらえながら、せっかく別容器に移したしぐれ煮を全部白米にかけ、白米と茶漬け2つを楽しみました。

計画通りに行かないのも人生。

最高の岩手のしぐれ煮でした。めでたしと言うことで。

 

 

おわり。

交通事故無料相談受付中!