前日の基本となる3つの測定に加え、症状によってさらに特殊な4つの測定を行うことがあります。

 実施する測定項目は専門医の診断により選定します。「専門医+ウロダイナミクス検査の設備」のコンビを備えた病院の確保がなにより重要です。
 

膀胱内圧・直腸内圧・尿流同時測定

・膀胱内圧測定に圧を測定するトランスジューサー(電位計測装置)の数を増やすことで、より統合的な尿流動態検査が可能となります。

・排尿筋圧=膀胱内圧-腹圧(直腸内圧)、排尿筋圧を算出することで、(腹圧の影響を除いた)膀胱壁による圧力のみが明らかになります。これにより、咳、体動、いきみ、手洗いなどで誘発される膀胱の不随意収縮を正確に認識し、排尿筋過活動を同定することが可能です。
 また、排尿困難があり、いきんで排尿している場合には、排尿時の膀胱内圧の上昇が腹圧による見かけ上のものか、あるいは排尿筋自体が収縮しているのかを鑑別できます。

・外尿道括約筋筋電図を同時に行えば、排尿筋・括約筋協調不全(DSD)の診断ができます。

・ビデオ・尿流動態検査:尿流動態の検査とともに、膀胱尿道造影のX線透視画像を同一画面上に表示・記録する。排尿筋・括約筋協調不全(DSD)の診断ができます。

 
漏出時圧(leak point pressure)測定

・膀胱内圧・直腸内圧・尿流同時測定時に排尿筋収縮または腹圧上昇のいずれもない状態で尿失禁が起こった時の圧。腹圧や咳を負荷して施行することもあります(腹圧下漏出時圧)。

・排尿路の閉鎖機能の評価に有効となります。

 
尿道内圧(urethral pressure)測定

・機能的尿道長(FPL):女性において尿道内圧が膀胱内圧より高い部分の尿道長。


・側孔のあるカテーテルで、膀胱に蒸留水もしくは生理食塩水を注入(210mL/分)しつつ、一定の速度(0.7cm/秒)で引き抜きながら圧を経時的に測定。尿道全長にわたる内圧が灌流圧の変化として記録されます。

・測定部が膀胱内に位置する時には膀胱内圧が測定され、膀胱頸部を通過すると尿道内圧が徐々に上昇し、外尿道括約筋の位置で最大になり、ここから外尿道へ至る区間で減少していきます。

 
内圧尿流検査

・排尿時の下部尿路機能評価を目的に、排尿筋圧(膀胱内圧-腹圧)と尿流率の2つのパラメータを同時に測定します。
 

(引用文献)
「下部尿路機能ポケットマニュアル」
信州大学医学部泌尿器科助教授 井川 靖彦 先生 石塚 修 先生   
 
 
 本日は夜から翌日の首都圏相談会の会場に入ります。日曜日は都内で打ち合わせ。ホテル暮らしの週末が続きます。
 
 

交通事故無料相談受付中!