本日は久々に普通のセミナーを新宿で開催。近いと移動が楽です。ただし、レジュメ作成や準備は毎度ハードな作業となります。
 

 
 テーマは人身傷害、令和2年1月の改定を反映させた補償内容の比較を行いました。今回は、国内・通販・共済の19社の約款を確認、もはや、約款のパトロールです。めまぐるしく改定されますので、年に1~2回はこのような地道な作業が必要となります。
 
 今年の改定では、各社、大きな変化はみられませんでした。傾向として、1~2年前の約款と比較して、特約の廃止・統合を行った会社が散見されました。他社との違いをアピールすべく色々な特約を作りますが、それが膨らんでくると、販売する代理店さんは混乱し、支払い担当者さんも複雑でわからなくなってしまって・・・結果、無駄な掛金の支出に留まらず、未払い保険金が発生してしまいます。こうして、特約の複雑化を反省、廃止あるいは本契約や他特約に統合します。これは自動車保険の”あるある”なのです。
 
・ソニーさんの重度後遺障害時生活支援金補償特約は無くなったようです。
 
・JAさんは、傷害定額給付金を廃止したようです。
 
・三井住友さんは、「重度後遺障害時追加特約」、「ケアサポート費用特約」、「差額ベット費用特約」などの付帯特約を「入院・後遺障害時における人身傷害諸費用特約」にまとめたようです。 
 
・あいおいニッセイ同和さんも同様に、「人身傷害自立支援費用特約」、「人身傷害子ども育英費用特約」、「人身傷害サポート費用特約」などの付帯特約を「入院・後遺障害時における人身傷害諸費用特約」にまとめたようです。 
 
・大同火災さんは、「生活支援費用補償特約」(介護費用的な特別給付)を廃止、「入院時サポート費用補償特約」を新設しました。
 
・三井ダイレクトさんは、いつの間にか「育英費用特約」を新設したようです。
 
・チューリッヒさんは、何故か古めかしい特約?「臨時費用特約」(死亡で200万、入院で2万)を新設したようです。
 
 その他、人身傷害に限らず自動車保険の改定、組織変更が続いております。保険関係者さんはご存知と思いますが、
 
・昨年、楽天損保となった朝日火災の自動車保険「ASPA」の名称が、4月から「ドライブアシスト」になります。
 
・損保ジャパン日本興亜は、4月から「損保ジャパン」の名称になります。元の損Jにとって名前が戻ったことになります。
 
・そんぽ24は昨年7月、セゾン(SOMPOホールディングス)に吸収されました。旧契約は満期ごとに順次切り替え、そのまま更新すれば「おとなの自動車保険」になり、そんぽ24は今年の7月で完全に無くなります。
 

 

交通事故無料相談受付中!