<後遺障害>

寝たきりとなり介護の必要なものから、上肢・下肢にしびれが残存するもの、痛みや可動域制限の残るもの等、症状・軽重の幅が広くなります。系統的には神経系統の障害に属します。

等級 内容 喪失率 自賠金額
1級1号
(別表Ⅰ)
神経系統の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの 100% 4000万円
2級1号
(別表Ⅰ)
神経系統の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの 100% 3000万円
3級3号 神経系統の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの 100% 2219万円
5級2号 神経系統の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの 79% 1574万円
7級4号 神経系統の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの 56% 1051万円
9級10号 神経系統の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの 35% 616万円

 
 ムチ打ちで診断書に「脊髄不全損傷」と書かれても、画像所見が乏しいと12級13号、14級9号で判断されます。両上肢や下肢にしびれが残存する、排尿排便障害が残る、これらは脊髄損傷の症状ですが、「局部に神経症状を残すもの」で括られます。後にも先にも画像所見が決め手です。

                 
 

交通事故無料相談受付中!