■ 腰椎間板ヘルニア

・ 髄核または繊維輪内層が周囲の繊維輪を突破して、周囲へ突出した状態。左図のように突出・脱出・剥離の悪化形態をとります。多くは膨隆とよばれるやや突出した状態にとどまります。

・ 後側方脱出が多く、片側の足に痛みを発する。20~40代によく発症する。

・ 発症位置はL4/5、L5/S1、L3/4の順に多い。

・ ほとんどが保存療法で軽快、ひどいと「ラヴ法」とよばられる切除手術。近年は内視鏡を使った鏡下手術も用いられます。この場合切開をわずかに抑えられるため、術後回復が早くなります。

 

  

 

<診断>

1、SLRテスト(下肢伸展拳上)  Straight leg raising の略です
 
 
 L4/5ならびにL5/S1の椎間板ヘルニアの疼痛誘発テスト。

 下肢を伸展させたまま拳上させる。70°未満で坐骨神経に沿った疼痛が誘発されれば陽性。

 

2、ラセーグテスト(ラセーグ徴候)

L4/5ならびにL5/S1の椎間板ヘルニアの疼痛誘発テスト。

 下肢を膝で曲げて拳上させる。坐骨神経に沿った疼痛が誘発されれば陽性。

 
 

3、FNSテスト(大腿神経伸展)

  股関節伸展で、大腿神経領域に誘発痛。

 腰椎間板ヘルニアと他の疾患を分別するのに有効な所見が得られます。

 

 

 

4、ヴァレー圧痛点

  神経が筋や骨付近から体表近くに出る部位で、圧迫すると激しい疼痛を生じる部位。坐骨神経では殿部などにみられる。

 
 

 

 
 でかける時間になってしまいました。さらに神経学的検査が続きます。また明日に。

 

無料相談会のご案内

 市町村や公的機関の無料相談、弁護士・行政書士の法律相談・・・交通事故相談はたくさん存在します。しかしそれらに足を運んだが、「悩みが解消した」「方針が定まった」「道が開けた」に至らず、あっちこっちまわっている被害者さんを見かけます。それは解決に向けての全体的な流れ(どの時期に何をするか?)や具体的な作業(どの病院で検査をするか?どの弁護士、行政書士が精通しているか?)に踏み込んでいないからです。
 交通事故解決の道は、解決までの方針を固める事、具体的な機関に誘致できること、各分野の専門家を熟知していること、です。それらの施策は早ければ早いほど良いのは言うまでもありません。

 NPO法人、協力行政書士の交通事故専門家が対応する 「無料 首都圏・交通事故相談会」 にてお待ちしています。

【日時】 9月17日(土) am10:00~pm5:00

【会場】 赤坂エクセルホテル東急  
     東京都千代田区永田町2-14-3

【費用】 無料 

 人数に限りがありますので完全予約制です。当方HPメールフォームから「無料相談会参加希望」と明記し送信頂くか、お電話にて申し込み下さい。追って予約時間・詳細をお知らせします
交通事故無料相談受付中!