昨日で切り上げたシリーズで洩れたデータをUPします。

 ずばり、ここ数年、何級がどのくらい認定されているか?です。申請数もわかるとよいのですが、昨年公開されたものを見てみましょう。
 

平成18年度

平成19年度

平成20年度

平成21年度

1

667

22.5%)

682
22.4%)

686

22.4%)

739

22.3%)

2

373
12.6%)

397

13.0%)

412

13.5%)

437

13.2%)

3

330
11.1%)

370

12.1%)

359

11.7%)

401

12.1%)

5

391
13.2%)

417

13.7%)

407

13.3%)

426

12.9%)

7

572

19.3%)

568

18.6%)

577

18.9%)

614

18.5%)

9

634
21.4%)

615

20.2%)

618
20.32%)

696
21.0%)

合計

2967

3049

3059

3313

 

 交通事故(人身事故)数はここ数年減少傾向です。しかしこの表でみると、認定数は微増しています。これは高次脳機能障害の患者が増えたというより、申請・認定数が増えたと推測できます。ここ数年にわたる障害周知の働きかけによる成果かもしれません。また立証側の行政書士、弁護士の尽力も反映されているのでしょうか。

 等級別の認定割合をみると、どの年度もほぼ同じパーセントなのが気になります。年度によってもっとばらつきがあってもいいのではないかと。1級と7、9級は20%を目安に調整?、各級割り振りをしている?・・・これは深読みし過ぎでしょうか。

★ この業務日誌で掲載している高次脳機能障害の記事ですが、加筆・修正、最新情報を加え「高次脳機能障害 立証マニュアル」に盛り込む予定です。こうご期待!   
 

交通事故無料相談受付中!