むち打ち14級の等級認定実績(異議申立)

2度目の申請(異議申立)での認定はおよそ6%の難易度です

c_byo_k_11まず、むち打ちに限らず、後遺障害の申請は何度でも出来ます。しかし、安易に「2度目があるから」と考えてはいけません。再度の申請=異議申立ての成功率はここ数年の平均で6%程度と極めて低く、専門機関で認定された初回の結果はそれなりに重いのです。

それでも、以下、2度目で認定を得た実例の多くは、初回に漏れた書類や検査、もしくは症状の説明不足を補った結果です。それは簡単な作業ではありません。できれば初回で遺漏のない申請をすべきであったのです。

また、自賠責・調査事務所の安易なジャッジで初回・非該当から二度目の申請で認定されたケースも少なくありません。それだけ、骨折などの明らかな器質的損傷がない、つまり、証拠が無く本人が「痛い」と主張しているだけの障害認定は、審査側にとっても難しい判定と言えます。
 

後遺障害等級認定実績(初回申請)はコチラから
後遺障害等級認定実績(異議申立)はコチラから
交通事故無料相談受付中!  

お問い合せはお気軽に!

事務所メンバー

「交通事故被害者救済」がスローガン! 病院同行に日夜奔走しています。解決まで二人三脚、一緒に頑張りましょう。

代表者略歴を見る!

後遺障害等級認定実績(初回申請) 後遺障害等級認定実績(異議申立)

今月の業務日誌

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別アーカイブ