自転車やバイクと自動車の交通事故で、自転車等に乗っていた被害者が転倒して、手・肘・肩などを打撲したとき、その衝撃が鎖骨に伝わり、鎖骨骨折を発症します。車同士の場合には、追突、出合い頭衝突、正面衝突では、シートベルトの圧迫で鎖骨が骨折することもあります。秋葉事務所での骨折案件では一番多く、上肢の骨折に限ってはおよそ60%は鎖骨です。

(1)病態

鎖骨の横断面は、体の中央部から外側に向かって三角形の骨が、薄く扁平しています。三角形から扁平に骨が移行する部位が鎖骨のウィークポイントであり、鎖骨骨折の80%が、かかる部位で発生しています。この部位は、より肩関節に近いところから、遠位端骨折と呼ばれています。

その次の好発部位(よく発生する傷病)は、肩鎖関節部です。肩鎖靱帯が断裂することにより、肩鎖関節は脱臼し、鎖骨は上方に飛び上がります。

(2)治療

鎖骨骨折の治療は、その折れ方によって、手術でプレート固定か、外固定による保存療法が選択されています。胸を張り、肩をできる限り後上方に引くようにして、クラビクルバンドを装着、固定します。一般的には、成人で4~6週間の固定で、骨折部の骨癒合が得られます。

 ⇐ 一般的なプレート&スクリュー固定術

 ⇐ クラビクルバンド

(3)後遺障害のポイント

Ⅰ. 鎖骨は体幹骨に該当しますので、体幹骨の変形として12級5号の認定が予想されます。

 裸体で変形が確認できれば、認定基準を満たします。なお、体幹骨の変形による12級5号では、骨折部の疼痛も周辺症状として含まれてしまいます。つまり、疼痛の神経症状で別途12級13号が認定されて、併合11級となることはありません。このように、鎖骨骨折による体幹骨の変形の場合には、骨折部の疼痛も含めて12級5号となるのです。

鎖骨の変形では、骨折部に痛みがあるか、ないか、ここが重要なポイントになります。なんの痛みもなければ、変形で12級5号が認定されても、一般的に逸失利益は認められません。少し形が変であっても、仕事には影響を与えないという考え方です。したがって、仕事に影響を与えることをきちんと説明できれば、逸失利益が認められることになります。例えば、モデル等の外見が重視される職業の場合がこれに該当します。

しかし、疼痛があれば、仕事に影響を与える蓋然性が高くなるため、一定期間(10年程度)の逸失利益(逸失利益率は10~14%程度)が認められる可能性があります。この交渉は弁護士の手腕によります。変形に伴う痛みは、鎖骨骨折部のCT、3D撮影で骨癒合状況を明らかにして立証していきます。

基本的には骨癒合が完璧であれば、運動痛が生じることはなく、被害者の方がいくら「痛い」とおっしゃられても、逸失利益の獲得は容易ではありません。

Ⅱ.  鎖骨の遠位端骨折部の変形により、肩関節の可動域に影響を与えることが予想されます。

こうなると、鎖骨の変形以外に、肩関節の機能障害が後遺障害の対象となります。この場合には、骨折部位の変形をCT、3Dで立証しなければなりません。

受傷した側の可動域が正常側の4分の3以下であれば、12級6号が認定され、先の変形による12級5号と併合され、併合11級が認定されるのです。

その実例 👉 併合11級:鎖骨骨折(40代男性・千葉県)


参考運動は、その可動域が1/2になった場合、主要運動が12級認定に5°足りない、10級認定で10°満たない場合、下駄をはかせてくれるものです。

その実例 👉

◆ 近年の傾向

 そもそも鎖骨骨折が肩関節の可動域に影響するのか? と言う観点でみますと、痛みから数年の制限があるとしても、何年も続く事はありません。やはり、自賠責保険の審査でも、余程、肩関節の可動を妨げる鎖骨の変形でもない限り、単なる鎖骨骨折では可動域制限を認めない傾向です。

次回 ⇒