いきなり何のことやらわからないタイトルですが、何を意味するか?

 これに即答できた方は後遺障害のプロ、認定でしょう。
 
 
 

 答えは上肢の醜状痕の範囲です。

 

 下図の赤塗りの部分がそれぞれの範囲です。 
 

労災基準 自賠責基準 裁判
労災 自賠 裁判
 露出面は二の腕以下、つまり、半袖から露出した部分の醜状痕を想定しています。
 露出面は肩から、つまり、ノースリーブを想定しています。
 個別具体的な事情に沿って主張します。

 労災は「仕事は半袖で作業するもの」と考えているのでしょうか?

 自賠責はさすがにちょっとサービスしています。しかし、ストラップレスドレス(肩紐のない女性用ドレス)、胸元の開いたドレスを想定していません。

 実は、後遺障害基準でこのように労災と自賠責の基準が明確に区分されているケースは非常に珍しいのです。多くは「自賠責は労災に準じて基準を定めています」との説明のみ、自賠独自の基準は伏せられています。

 最後に裁判(基準)ですが、何も訴訟上に限らず、民事上の交渉では被害者個別の事情に則って醜状損害を主張します。しかしながら、今まで仕事をしてきた弁護士で「それって自賠責基準で認められないから、請求しても駄目でしょ」と諦めてしまう先生がいたので困りました。あくまで基準は基準、不特定多数を一応区分する独自ルールに過ぎません。
 

交通事故無料相談受付中!