前回に続き、むち打ち・腰椎捻挫の認定例を紹介します。今日のテーマは同乗者複数に14級9号が認定された実例です。これが意外と多いのです。過去、3人まとめて認定が3回、2人認定は枚挙にいとまがないです。調査事務所はそれぞれの症状を相関性なくみているはずです。当然、2人申請=1人だけ認定の経験もありますが、いずれも明らかに一方が軽傷なので納得です。
 どうも同乗者は認定されやすいように感じます。全国の同業者さんも同感ではないですか?
 

 私はこれを「同乗者・同時申請効果」と分析しています。

 
 1人申請するのであれば、是非、同乗者もついでに申請すべきです。もちろん、相応の症状が残存している場合ですが。
 
20111121_2

14級9号:頚椎捻挫(主婦友×2人・東京都)

14級9号:頚椎捻挫(夫婦×2人・神奈川県)

14級9号:頚椎捻挫(親子×2人・埼玉県)

14級9号:頚椎捻挫・腰椎捻挫(夫婦×2人・埼玉県)

 
 おなじみのむち打ち14級9号ですが、角度を変えて観察しますと、色々な側面が見えてくるものです。
  

交通事故無料相談受付中!