昨年、肩の後遺障害をシリーズで解説しましたが、腕~手はまだでしたね。今日から数回のシリーズで取り上げていきます。まずは解剖学的なアプローチ、各部位の名称を確認しましょう。
 
 ご相談者から単に「腕を骨折しました」と言われても後遺障害の具体的な回答はできません。また毎度のことですが骨折→癒合を果たしても靭帯損傷、神経麻痺などが見逃されるケースもあります。ゆっくり勉強していきましょうか。

 

1、骨と関節の名称

 左の図の名称を覚えない事には医師や患者さんと話が通じません。また診断書には別称で書かれていることもあり、それも頭に入れます。

 長管骨は読んで字のごとく長い骨(long bone )です。人体を構成する主要な長い骨との解釈で足ります。上肢で言いますと上腕骨、橈骨、尺骨を指します。
この長管骨は下肢同様、心臓に近い末端を近位端、遠い末端を遠位端と呼びます。

 

 
 手の骨、特に関節部の手根骨、指の骨は覚えるのが大変です。これは別シリーズにて取り上げたいと思います。

 今日はイントロ、ここまでとします。

交通事故無料相談受付中!