前日のRBMT(リバーミード行動記憶検査)は文字通り「行動」に対して記憶しているかどうかを問う検査です。さらに細かい検査になりますが、「聴覚」や「視覚」についての記憶に焦点を当てたものもあります。例えば聞いたことをその場では理解したようでも5分後には、「聞いていない」と言ったり、まったく違う言葉に置き換えてしまうなど会話の内容を忘れている。このような症状には「聴覚」に特化した記憶検査をします。また一度見た建物を覚えられないので何度も訪問した家に「この家に初めて来た」と言う、「丸い大皿を取って」と言われても四角い小皿を渡してしまう、これらは「視覚」検査を徹底すると数値にはっきり表れます。

 
三宅式記銘検査

 ある単語と単語のペアを聞かせ、それを覚えているかをみます。
 その単語のペアは関連する組みあわせ(有関連追語)とまったく無関連な組み合わせ(無関連対語)、それぞれ10組行います。

<有関連対語> ・・つまり連想ゲームです

 まず「煙草」→「マッチ」といったの関係するペアの単語を聞かせます。その後「煙草」と言ったら「マッチ」と答えられるか3回テストします。他に「家」→「庭」、「汽車」→「電車」 など10組で10点満点です。
 障害のない人は3回目まででほぼ正答となります。
 平均値は 1回目8.5点 – 2回目9.8点 – 3回目10点

<無関連対語> ・・暗記力が問われます

 「入浴」→「財産」、「水泳」→「銀行」、「ガラス」→「神社」・・・関係のない言葉の組み合わせに健常者でも苦戦しそうです。
 平均値は 1回目4.5点 - 2回目7.6点 - 3回目8.5点
 障害者は無関連追語で特に点数が悪くなります。1回目から3回目まで点数が上がらない、つまり学習能力の低下を表します。

 
④ ベントン視覚記銘検査

 視覚性注意、視覚性記憶、視覚認知、視覚構成能力の4つの観点で評価します。○、△、□などの3つの図形が書かれた見本を見せて、その後それを同じ形、同じサイズ、同じ並び方で書かせます。これを10枚繰り返します。

1、省略は追加はないか?
2、歪みはないか?
3、同じ図形を繰り返し書いてしまわないか?(固執性)
4、上下逆に書いてしまわないか?
5、並び方を間違えないか?
6、大きさを極端に違えてないか?

 障害とされる点数は 15歳~44歳 5点以下
         45歳~54歳 4点以下
              55歳~65歳 3点以下

 また見本を見せる時間も5秒と10秒があり、即時記憶が可能かどうかも計れます。

 先週、担当している患者についてこれらの検査の結果を受け取りました。日常、家族が観察している記憶障害と検査結果が一致しました。家族が訴える症状の裏付けがされたのです。
 記憶障害も「言語」「行動」「聴覚」「視覚」と観点を変えて観察することが大事です。なぜなら高次脳機能障害は、ある部分はケガの前と変わらないが、ある部分はガタッと欠落している、という特徴があります。全般的に認知能力や記憶力が低下するアルツハイマー型の症状との違いの一つです。

交通事故無料相談受付中!