頭部外傷によって、記憶、知能、注意・遂行能力の低下、性格変化などが起きてしまいました。家族は以前と変わってしまった被害者を前に困惑しています。しかし主治医が「高次脳機能障害です」と必ずしも診断するわけではありません・・・
 

高齢者 ⇒「高齢なので痴呆のせいですよ」

   = 単なる認知症にされてしまう
 

性格変化 ⇒「ケガは治ったので退院しましょう」

   = 医師は事故前の患者の性格を知らない
 

脳内出血が止まった ⇒ 「もう危険は去りました」

   = 命の助かった患者に対し、すでに興味なし
 

知能検査が平均点以上 ⇒ 「高次脳機能障害はありません」 

   = ある能力だけが低下、それ以外は事故前と変わらない。これも高次脳機能障害の特徴の一つ

 
 このような医師の対応で、「なんだか変?」状態のまま月日が経ち、相手保険会社から「そろそろ示談しましょう」と終わりにされます。つまり、高次脳機能障害が見逃されます。残念ながら自動的に障害が立証されるわけではありません。特に微妙な変化しか見せない障害は誰かが気付かなければならないのです。医師のすべてが高次脳機能障害を熟知しているわけではないのです。そして、ほとんどの病院で検査の設備・人員がなく、高次脳機能障害の評価ができません。

 昨年からこの入口で停滞している案件を数件お預かりしています。なんとしてもこの第一関門を突破し、高次脳機能障害の評価を成し遂げたいと思います。 

2015012111190000
 今日の病院同行でも「うちでは評価できない・・」と治療先から言われました。しかし、誠意ある医師に他院への紹介状を書いていただきました。これからが勝負です!
 
 

交通事故無料相談受付中!