どーも、金澤 炭治郎です。
 
最近、ボスの秋葉が寝違いで苦しんでいます。

首が曲がらず、サンダーバードの人形のような動きにひそかに笑っています。

アジャストメントしたいところですが、今は整体に通院中(まだ1~2回目)の秋葉。

術者がこれから身体の土台を作ろうとしている所にむやみに他人が手出ししない方がいいのは私は知っています。

なので観察中ですが、

何故か私も今、寝違いが起こりました。

寝ていないのに、少し首を伸ばしたら、寝違いの痛みで首が動かせません。。

 

誰にでも突如訪れる、辛い寝違い。

私は、最長で寝違いが2週間続いたことがあります。

しかも、一ミリも良くならず、頚は動かせません。

3~4日も立つと、首周りの筋肉が固まり、腕や手が痺れてきます。鍼で刺されるような痛みもあります。

 

今は、寝違いになったら以前までは仲間にアジャストメントして治してもらっていました。

アジャストメント箇所は秘密です。

どこかの施術者が見たらと思うと、文章だけでは伝えきれないからです!

8割以上が一撃で治る価値あるアジャストですよ。

 

もし、アジャストしてくれる人が居なくても大丈夫です。

寝違いは意外と、自分でなんとかマシくらいまでには持っていけます。

 

首をマッサージしたり、ストレッチしても治りません。

ストレッチする場所は、大胸筋、小円筋、肩甲下筋です。

5分~10分かけて、よーくストレッチした後に

 

次に背筋をピンと伸ばします。

鎖骨の下(鎖骨下筋)・大胸筋を指で押さえながら肩甲骨をぐるぐると3分くらい回して下さい。

できるだけ大きく。

 

痛みが割と軽減するはずです。

 

終わり

 

「ん~ん!」(寝てれば治る!)
・・といいのだけど
 

交通事故無料相談受付中!