【病態】

 指が逆関節、つまり外側に強く曲げられて起きます。母指以外でのMP関節は頻度が低く、過伸展外力(指を逆関節=外側に開く)による背側脱臼がほとんどを占めます。ちなみにPIPも外側への脱臼が多いです。
MP

【整復】

 MP関節過伸展位をとっていますが、亜脱臼例の方が脱臼例よりも外見上の変形は高度です。しかし亜脱臼例は徒手整復が可能ですが、完全に脱臼をしてしまうとkaplanの井桁状の絞扼(下図)として知られる軟部組織の締め付けのために徒手整復は困難であり、ほとんど場合観血的手術が必要となります。
MP脱臼20140418_0000

【後遺障害】

 やはりMP関節の可動域から確認します。2分の1制限で「用廃」10級7号となります。もっともきちんと整復がなされれば、可動域制限が起こることはありません。しかし指の側副靭帯に損傷が残った場合は別です。その場合は14級9号を抑えます。変形の12級相当や神経症状の12級13号は画像次第、相当の転位(関節がずれたまま)、もしくは靭帯断裂がなければダメです。
 

部位

MP 関節主要運動

IP 関節主要運動

他の主要運動

親指

屈曲

伸展

合計

屈曲

伸展

合計

橈外転

掌外転

合計

正常値

60 °

10 °

70 °

80 °

10 °

90 °

60 °

90 °

150 °

用廃

30 °

5 °

35 °

40 °

5 °

45 °

30 °

45 °

75 °

交通事故無料相談受付中!