ある被害者Aさん(38才 女性 事務職)のケース

 この方は停車中、追突を受け、首を痛めました。痛みがひどいので直後病院へ。そこでムチ打ちの診断を受けました。
 数日で仕事に復帰したものの、首の痛みや手先のしびれが治まりません。医師もムチ打ち程度と軽く考えています。しかし念のため神経症状が長引くことを心配し、MRIだけは撮っていただきました。しかし目立った病変、異常は画像に出ませんでした。
 その後も依然として症状は良くなりません。少し症状が楽になるので理学療法だけは継続しました。仕事で毎日の通院はできませんが、土曜日や仕事帰りに近所の整形外科に通うことができたからです。

 ・・・6か月を超過する頃、相手の保険会社は治療費の打切りを執拗に迫ってきました。さすがにムチ打ちで長期間の治療は気が引けます。仕方がないので症状固定とし、痛みとしびれの残存を訴えた後遺障害診断書を医師に記載してもらい、後遺障害等級の申請を行いました。

 待つこと40日、「結果」と「理由」が文章で届きました。理由の上段落を読んでみましょう。

<理由>
 頚部が重だるく、左手先までシビレがある。重い物が左手では持てない等の頚椎捻挫後の症状については、提出上の頚部画像上、本件事故による骨折等の明らかな外傷性変化は認め難く、その他診断書等からも、症状の裏付けとなる客観的な医学的所見に乏しいことから、他覚的に神経系統の障害が証明されるものとは捉えられません。・・・・

 ここで問題です。さて、この方、14級9号の認定はされたのでしょうか やはり非該当?
 
(答えは明日)

交通事故無料相談受付中!