鼻欠損(びけっそん)
 
(1)病態

 ヒトの外貌は、眼瞼と鼻そして口唇で成り立っており、個人の個性を表しています。その鼻が欠損するのですから、被害者の精神的な苦痛も大きく、相当に深刻な外傷です。

 形成術は、日進月歩ですが、完全な回復は、とても期待できません。ところが、後遺障害としての評価は、意外に低いのです。 
 
(2)後遺障害のポイント

Ⅰ. 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すものは、9級5号が認定されています。

 鼻の欠損とは、鼻軟骨部の全部、または大部分の欠損をいいます。機能に著しい障害を残すものとは、鼻呼吸困難、または嗅覚脱失をいいます。
 
Ⅱ. 鼻の欠損は、耳と同じく、外貌の醜状としてとらえることができます。

 鼻軟骨部の大部分欠損であれば、男女とも、外貌の醜状で7級12号に該当します。このとき、先の9級5号と併合にはならず、上位等級の7級12号の認定となります。
 

 
 交通事故110番の相談例では過去に1例のみ、トラックの炎上による熱傷を伴っていましたが、7級12号を獲得しています。
  
 次回 ⇒ いよいよ、嗅覚脱失