交通事故 外傷・後遺症の完全専門事務所

お知らせ

無料相談会のご案内

9月 10月
9月15日(土) 東京 八重洲会場 10月20日(土) 東京 日本橋会場
 
11月 12月
11月17日(土) 東京 八重洲会場  12月15日(土) 東京 八重洲会場
 
N
  

本日の業務日誌

膵臓損傷 ③ 後遺障害等級~切除と部分切除

 後遺障害は(1)切除、(2)部分切除、(3)内分泌機能の低下、と3分します。
 
(1)膵臓が切除されると、外分泌機能が障害され、低下することが通常とされています。 膵臓の部分切除がなされており、上腹部痛、脂肪便および頻回の下痢など、 外分泌機能の低下に起因する症状が認められるときは、 労務の遂行に相当程度の支障があるものとして11級10号が認定されています。

※ 脂肪便とは、消化されない脂肪が便と一緒にドロドロの状態で排出されるもので、 常食摂取で1日の糞便中、脂肪が6g以上であるものを言います。
 
(2)膵臓周囲のドレナージが実施されるも、部分切除が行われていないときは、

①  CT、MRI画像で、膵臓の損傷が確認できること、

②  上腹部痛、脂肪便および頻回の下痢など、外分泌機能の低下に起因する症状が認められ、かつ、PFD試験で70%未満または、糞便中キモトリプシン活性で24U/g未満の異常低値を示していること、

 上記の2つの要件を満たしているときは、11級10号が認められています。

 また、他覚的に外分泌機能の低下が認められる場合として、血液検査で血清アミラーゼまたは、血清エラスターゼの異常低値を認めれば、11級10号が認定されています。
 

※ PFD試験=膵臓の外分泌機能検査

 膵臓は2つの異なる働きをしており、1つは、食物の消化に必要な消化酵素、炭水化物を分解するアミラーゼ、 蛋白を分解するトリプシン、脂肪を分解するリパーゼなどを含んだ膵液を12指腸に分泌する外分泌機能です。 2つ目の作用は、血糖を下げるインスリンと血糖を上げるグルカゴンを血液中へ分泌して、血糖を調節する内分泌機能です。

 PFDは、膵臓の外分泌機能検査法の1つです。薬剤を服用後、6時間尿を採取する方法ですので、体に負担はかかりません。 膵臓の外分泌機能が低下するような病気で、異常値、低値を示します。 この薬剤は小腸から吸収され、肝で化学変化を受けた後、腎から排泄されます。 したがって、膵外分泌機能の低下以外に、小腸における吸収低下のある場合、 肝機能や腎機能低下のある場合にも、尿中の値は低下します。

 早朝空腹時排尿後に、BT-PABAというPFD試薬500mgを水200mLとともに服用します。開始6時間後の尿を全部集め、尿量を測ります。 採取した尿の一部を使って、尿中PABA濃度を比色測定し、尿中PABA排泄率(%)を計算いたします。正常値は71%以上です。
 

※糞便中キモトリプシン活性測定試験

 便の一部を採取して、その中に含まれる膵酵素の1つであるキモトリプシンの働きを調べる検査です。厚生労働省の診断基準では、外分泌機能検査としてPFD試験と便中キモトリプシン活性測定をあげており、2つの低下を、同時に2回以上認めることを求めています。基準範囲は13.2U/gです。 しかし、ネットでは、試薬が作られなくなり、現在は行われていないと、複数掲載されています。

○ アミラーゼ

 アミラーゼとは、膵臓から分泌される消化酵素の1つで、以前はジアスターゼと呼ばれていました。 分泌されたアミラーゼは、血液中に流出し、血中に含まれますが、この血中に含まれるアミラーゼが血清アミラーゼです。アミラーゼの基準値は、40~132 lU/lで、低下が認められるのは39以下です。

○ エラスターゼ

 エラスターゼは、動脈壁や筋肉の腱を構成するエラスチンという成分を分解する酵素のことで、 膵臓、白血球、血小板、大動脈などに存在しています。 エラスターゼには1と2がありますが、血中にはエラスターゼ1が圧倒的に多く、こちらで検査が行われています。血液を採取し、遠心分離機で分離した血清部分を分析器で測定します。エラスターゼ1の基準値は、72~432ng/dlで、低下が認められるのは71以下です。

 

お問い合せはお気軽に!

事務所メンバー

「交通事故被害者救済」がスローガン! 病院同行に日夜奔走しています。解決まで二人三脚、一緒に頑張りましょう。

代表者略歴を見る!

後遺障害等級認定実績(初回申請) 後遺障害等級認定実績(異議申立)

今月の業務日誌

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ